〈栄養バランスの良い食事とは?〉

皆さん、栄養バランスの良い食事とは、という質問をすると様々な答えが返ってきます。
ですが、バランスの良い食事って具体的に何に気をつけたら良いのか
イマイチピンと来ないとという方は多いのでしょうか?
具体的にどういった食材を使用したり、どういった調味料で塩分や糖分を
調整したらいいのか、判断が出来ないという方も多いと思います。
今回は、栄養バランスの良い食事って何?という基本に関して紹介いたします。
はじめに、栄養バランスの良い食事を考えるには、簡単に、主食、副菜、主菜というイメージで考えます。
そして、この3つにエネルギーとなるもの、体を作るもの、体の調子を整えるものの3つを入れるようにします。
具体的には、エネルギーになるものは、炭水化物、体を作るもの、脂肪、タンパク質、体の調子を整えるものはビタミン、ミネラルになります。
体を作るものはエネルギーにもなります。この3つをバランスよく入れれば良いのです。
その為には、食事の彩りが大切になります。彩りってそんなに重要なのと感じている方も多いのが現状ですが、
一番最初は鮮やかにするようにするのがポイントになります。
色が鮮やかにすると自然と食材の栄養バランスが整うようになるのです。

食材の美味しさを知る重要性

では、それ以外に必要な大きな工夫は一体何が必要なのかに他の工夫を説明していきます。
はじめに、素材が美味しいものはそのままの素材を活かすようにしてください。
最初は、戸惑うかもしれませんが、実は食材の美味しさを知ると過剰な調味料を使用することがなくなるので、
栄養バランスが取りやすくなります。
他にも、料理の具材を大振りに切るもの大きな工夫です。
大ぶりに切ると、噛む回数が増えるので、素材の味を感じることが出来るようになります。
その結果、過剰な調味料を使用しなくても、味を感じることができるので、
バランスの良い食事を食べることが出来るのです。
また、塩分や砂糖ではなくて、出汁や、ハーブと言った香辛料を
単独で使用して味をつけるものお奨めな方法です。
栄養バランスの良い食事を作る参考になれば幸いです。